日本酒・ビールは糖質が多い?糖質制限ダイエット中にお酒を飲む場合の注意点!|横浜のパーソナルトレーニングジム-5REPS-

無料体験
お申し込み
MENU

ブログBLOG

公開日:2020/02/08 最終更新日:2020/06/29

日本酒・ビールは糖質が多い?糖質制限ダイエット中にお酒を飲む場合の注意点!

糖質制限ダイエット中もお酒を飲む機会がどうしてもありますよね。そんなときはなるべくダイエットに影響の少ない飲み方をしたいもの。

 

今回は糖質制限ダイエット中にお酒を飲む場合を想定して、おすすめのお酒や飲み方などをお伝えしたいと思います。飲む機会が多いけどダイエットも成功させたい、という方は参考にしてみてくださいね。

 

主なお酒の糖質量

 

糖質を控えたい方は主要なお酒の糖質量をだいたい把握しておくといいですよ。以下は100g当たりの糖質量です。

 

100g当たりの糖質量

紹興酒 5.1g
日本酒(本醸造酒)4.5g
日本酒(純米酒) 3.6g
ビール(淡色)3.1g
ビール(スタウト)4.6g
ワイン(赤)1.5g
ワイン(白)2.0g
ウイスキー ぼぼ0g
ハイボール ほぼ0g
焼酎 ほぼ0g

 

こちらはあくまでも100g当たりの糖質量です。100gは液体の種類にもよりますがだいたい100㎖です。コップ一杯で約200㎖になります。ビールの中ジョッキですと約500㎖入りますので中ジョッキ1杯で糖質は約15g程度になります。(淡色ビールの場合)

 

日本酒、ビールは糖質が多い

やはり日本酒やビールなどは糖質が多いですね。ビールで乾杯の後に日本酒を飲むような方はそれだけで相当な糖質を摂ってしまうことになりますので、気を付けましょう。

 

蒸留酒は、ほぼ糖質0

ウィスキーの種類にもよりますが、ウィスキーやハイボールはほとんど糖質が入っていないため糖質制限ダイエット中に向いているお酒といえます。焼酎などの蒸留酒にも糖質はほとんど入っていません。ウーロンハイ、ジャスミン茶割などの焼酎のお茶割は安心といえそう。

ジンやウォッカも糖質はほとんど入っていませんが、割りものにジュースなどが使われることが多いので注意が必要です。

 

カクテルはNG

カルーアミルク、ジンコーラ、カシスオレンジやシャンディーガフなど割りものに乳製品、ジュース、ジンジャーエールなどが使われているものはもちろんNG。糖質もカロリーも高くなります。梅酒も砂糖を大量に使っているため糖質制限ダイエット中はNGです。カクテルはカロリー、糖質ともに高い傾向にあります、糖質制限中は避けるようにしましょう。

 

レモンサワーなど生レモンが使われている場合はいいのですが、シロップが使われている場合もあります。その場合は砂糖が含まれているので、割りものにも気を付けて。割りものを頼む場合はウーロンハイなどのお茶割がおすすめです。

 

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」(文部科学省)から抜粋

主なお酒のカロリー

 

次に主なお酒のカロリーをカロリーの高い順に挙げてみます。

 

ビール(スタウト)中ジョッキ1杯 200kcal

日本酒(本醸造酒)1合 196kcal

梅酒(ロック 1杯90㎖)141kcal

焼酎(ロック 1杯90㎖)130kcal

ビール(淡色)中ジョッキ 128kcal

レモンサワー(1杯200㎖) 120kcal

紹興酒 (1杯1杯90㎖) 115kcal

赤ワイン(1杯 120㎖)88kcal

白ワイン(1杯 120㎖)88kcal

ウォッカ(シングル 30㎖)72kcal

ハイボール (一杯200㎖) 70kcal

ウイスキー(シングル30㎖)70kcal

ブランデー(シングル30㎖)70kcal

(※種類によって若干数値は異なるためおおよその値となります)

 

 

糖質制限ダイエット中におすすめなお酒ランキング

カロリー、糖質量から見ておすすめのお酒をランキング形式にまとめてみました。

 

オススメランキング

1位 ハイボール
1位 緑茶ハイなど焼酎のお茶割
1位 ウイスキー、ブランデー、焼酎

2位 糖質0のビールテイスト飲料
2位 糖質0の缶チューハイ

3位 赤ワイン

4位 白ワイン

 

焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒は糖質が0のため、糖質制限ダイエット中には一番向いているお酒といえそうです。また、最近は糖質0で低カロリーな缶チューハイなどもたくさん出ていますので、家で飲む場合はそういったものを選ぶのも良いでしょう。赤ワインも糖質やカロリーが低めです。

 

しかし、糖質が低いからといってたくさん飲むのは厳禁。飲む場合は1杯程度にしておくのがベストです。

 

 

ダイエット中にお酒を飲むときの注意点

量に気を付けて飲む

もちろんお酒を全く飲まない人と毎日飲んでいる人が同じ痩せ方なわけはないということは知っておきましょう。やはりお酒を飲まないほうがダイエットのスピードは上がります。しかし、仕事のお付き合いでどうしても飲まないといけないときや、飲まないとストレスが溜まってしまう人もいるでしょう。

 

そのような方は糖質やカロリーが低いお酒を量に気を付けて飲むことをおすすめします。

 

水をたくさん飲もう

アルコールを分解するには大量の水分が必要になります。さらにアルコールには利尿作用があるため、身体が水分不足になりやすくなります。大量にアルコールを摂ると脱水状態にもなりますので、お水をたくさん飲むことが大切です。アルコールと同じくらいの量の水を飲むことを推奨します。

 

一緒に食べる食事に注意!

アルコールを分解するのにビタミンやミネラル、酵素が使われてしまいます。そのため、アルコールを摂取すると代謝に必要なビタミン、ミネラル、酵素が不足して太りやすい状態になると考えられています。お酒を飲みながら食べた食事やおつまみの脂質や糖質が代謝されず残ってしまい、脂肪として蓄えられやすくなるということです。アルコールを飲む時はより一層食べるものに気を付けることがダイエット成功の秘訣です。

 

お酒を飲みながら糖質をたくさん含むポテト、ピザ、パスタなどの麺類、パン、お米類を食べると痩せないどころか、体重が増えてしまうので要注意。糖質制限ダイエット中にお酒を飲む場合はより食事内容に気を付ける必要があります。

 

せっかく糖質の低いお酒を選んでも、食べ過ぎてしまって意味がなくなる…なんてことにならないよう、つまみや料理も糖質の低いものを選ぶようにしましょう。

 

お酒の影響についてはこちらの記事をどうぞ→アルコールの影響について

お酒を飲むとナイアシンとマグネシウムが不足する

お酒を飲むとビタミンBの一つであるナイアシンとマグネシウムなどのミネラルが不足します。そのため、お酒を飲む日はナイアシンとマグネシウムを意識して摂取しておくと良いでしょう。

 

飲んだ後にラーメンなど塩辛いものが無性に食べたくなることはありませんか?あれはアルコールの代謝によって体内のミネラルが不足しているため、と言われています。

 

ナイアシンはきのこ、魚介類、肉類などに含まれています。マグネシウムは海藻、アーモンド、さくらえび、いくら、パルメザンチーズ、ココアなどに含まれています。より効率的に摂取するなら断然サプリメントがおすすめです。

 

ビタミンB群のサプリメントとマルチミネラルのサプリメントがドラッグストアなどに売っていますのでそれを使うといいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?糖質制限ダイエット中にお酒を飲む場合に気を付けておきたいことをまとめます。

 

お酒を飲む際に気を付けたいこと

・飲むなら糖質の低いお酒を選ぼう
・量を飲みすぎないようにしよう
・水をたくさん飲もう
・一緒に食べるものに気を付けよう
・マグネシウム、ビタミンB群を摂ろう

 

糖質制限ダイエット中は、これらのことに気を付けながら飲むようにしましょう。可能なら薄目のウーロンハイやハイボールで乾杯した後はなるべくお茶を飲むのがベストです。
 
5REPSは痩せにくくなった30代・40代以上のためのパーソナルトレーニングジムです。年齢とともに痩せにくくなり自分ひとりではダイエットが不安だ、という方は是非一度無料カウンセリングにお越しください。
 

無料カウンセリング
無料体験はこちらから

 

こちらも併せてチェック→40代以上専門ジムに多くの30代女性が入会する理由

40代以上の方こそパーソナルトレーニングに通うべき理由

40代は痩せにくい?5REPSが40代以上向けのパーソナルトレーニングジムである理由

 

40代以上専門パーソナルトレーニングジム5REPSからのお知らせ

5REPSは横浜の40代以上専門のパーソナルトレーニングジムです。(会員様の約半分は30代の女性です、30代の方もお気軽にお問い合わせください。)

5REPSはただトレーニングをして食事制限するだけのジムではありません。

痩せにくさなど、加齢によって衰えてしまう様々な変化に対してしっかりと対策していきます!5REPSは若々しい身体を保ちながらダイエットやボディメイクができるジムです。

アンチエイジングアドバイザー、美肌アドバイザーのもと徹底的に老化対策をするボディメイクをしてみませんか?アンチエイジングダイエットなら5REPSにお任せください!

身体のたるみ、疲れ、ダイエット、腰痛、年齢からくるお悩みなど、無料カウンセリング、無料体験でお気軽にご相談ください。一生使えるアンチエイジングとダイエットの知識も身に付きます。(強引な勧誘などは一切ありません)

 

こちらの公式HPからのお問い合わせが一番オトクです!

無料カウンセリング
無料体験はこちらから

年齢を重ねて痩せにくくなった方のダイエット専門、だから 違いが出る。

年齢によるお身体のお悩み、ダイエット、5REPSが一緒に立ち向かいます!!!

 
 

  • 5REPSの特徴
  • BEFORE/AFTER
  • お客様からの声
  • コース料金