ブランパンや低糖質パンは痩せない?ダイエット効果とおすすめをご紹介|横浜のパーソナルトレーニングジム-5REPS-

無料体験
お申し込み
MENU

ブログBLOG

公開日:2020/01/30 最終更新日:2020/09/16

ブランパンや低糖質パンは痩せない?ダイエット効果とおすすめをご紹介

ダイエット中の味方である低糖質パンやブランパン!実は、この類の低糖質なパンにも落とし穴があります。

ブランパンや低糖質パンという名前がついていても、あなたのダイエットには向かない商品もあるので要注意なんです。実は種類によって糖質が予想以上に多く含まれているものあります。

今回はおすすめの商品や避けたほうが無難な商品を糖質量をもとにピックアップしていきます。

無料カウンセリング
無料体験はこちらから

 

LAWSONのブランパン

まずは王道、ブランパンの栄養成分を見ていきましょう。

栄養成分表示(1個当たり)
熱量 65kcal
たんぱく質 5.1g
脂質 2.7g
炭水化物 7.8g
-糖質 2.2g
-食物繊維 5.6g

言わずと知れた低糖質パンの王者!LAWSONのブランパン。シャトレーゼや通販でも低糖質なパンがありますが、身近なコンビニで食べたい時に買えるというのは本当に便利です。

糖質は2.2gと低糖質パンの中でもとても低い糖質量です。カロリーも低く、ダイエット中に一番オススメなのがこちらのブランパン。

またシャトレーゼや通販の低糖質パンは値段が高いのが難点ですが、ローソンのブランパンは税込みで120円とブランパン商品の中でもとってもリーズナブル。

ブランパンの味と食感

空気を多く含んでいるのかふわっとした軽い食感です。ほんのりブラン特有の香りがしますが、特にクセもなく食べやすいです。糖質が少ないのでパン独特のもっちり感が少ない気もしますが、ふわふわした食感なのであまり気になりません。パサパサしているのかと思いきやとってもしっとりした食感です。

LAWSONのブラン入り食パン

次はLAWSONのブラン入り食パンです。栄養成分を見てみましょう。

栄養成分表示(1枚当たり)
熱量 122kcal
たんぱく質 6.6g
脂質 4.0g
炭水化物 16.5g
-糖質 13.4g
-食物繊維 3.1g

同じLAWSONのパンなので油断してしまいそうですが、こちらのブラン入り食パンは糖質が高めです!そのため、低糖質ダイエットをしていて、なるべく早く痩せたいという方は避けたほうが良いと思います。

普通の食パン(8枚切り) ブラン入り食パン
エネルギー 120kcal 122kcal
糖質 20g 13.4g

食パンと比べてもカロリーも同等でかなりの糖質が含まれていることが分かると思います。ブランパンの糖質量が2.2gなので、それと比べても多いな、と感じます。

ブラン入り食パンの味と食感は?

味や食感はほとんど普通の食パンと変わらないです。食物繊維が多いため普通の食パンよりも腹持ちが良い印象でした。

サイズは普通の食パンとほぼ同じ。8枚切りの食パンと比較してみましたが、同じくらいのサイズです。

ちなみによく見るとブランの食パン、ではなく『ブラン入りの食パン』と書いてあります。これは低糖質なパンというよりも食物繊維が少し多めの普通の食パンに近いと思ったほうが良さそうですね。一年かけて緩やかにダイエットするというような方にはおすすめできそうですが、なるべく短期間でダイエットを成功させたい、という方にはおすすめできません。

普通の食パンを食べるよりはこちらのほうが食物繊維が多いのでいいかな、という感想です。

ヤマザキの糖質ひかえめブレッド

栄養成分表示(1枚当たり)
熱量 68kcal
たんぱく質 4.5g
脂質 2g
炭水化物 9.4g
-糖質 6.0g
-食物繊維 3.4g

ブランパンの次におすすめなのがこちら。ヤマザキの糖質ひかえめブレッドです。一枚で糖質6.0gですので、一日一枚食べるくらいなら糖質量的にもセーフでしょう。

食パンタイプなのでサンドイッチなどにもしやすいです。

糖質ひかえめブレッドの味と食感

色は少し茶色く食感はとても柔らかです。小麦ブランは入っていないため、ブランパンの香りが苦手な方にはこちらをおすすめします。パサつき感は全くなくふんわりとしています。

通常の8枚切り食パンとサイズを比較してみました。食パンよりも一回り小さめのサイズです。

低糖質ブレッドブラン

こちらはPascoから出ている、低糖質タイプのパンです。

栄養成分表示(1個当たり)
エネルギー 118kcal
たんぱく質 5.7g
脂質 3.9g
炭水化物 18.4g
-糖質 11.7g
-食物繊維 6.7g

裏に緩やかな糖質制限について書かれていたので、しっかり体重を落とすというよりも、ゆっくり緩やかに体重を落としていく方のためへの商品というイメージです。

糖質の量も一個で11.7gとだいぶ多いです。ブランパンが一個で糖質2.2gなので、この差は歴然ですね。2個食べてしまうとカロリーが236kcal、糖質23.4gになってしまいますので、普通の食パンと糖質量が変わらない上に、カロリーは食パン2枚分です。(普通の8枚切りの食パンは一枚約120kcal、糖質約20g)

なるべく早めに体重を落としたいという方には正直おすすめできません。

低糖質ブレッドブランの味と食感

糖質量が多いだけあって、ブランパンに比べるとみっちり詰まっている感じがします。どっしりしているため食べ応えがありました。硬めのロールパンのようなイメージです。

低糖質イングリッシュマフィンブラン

最後はPascoの低糖質イングリッシュマフィンブランです。栄養成分から見ていきましょう。

栄養成分表(1個当たり)
エネルギー 136kcal
たんぱく質 8.1g
脂質 2.3g
炭水化物 25.9g
-糖質 15.6g
-食物繊維 10.3g

こちらも1個当たり糖質が15.6gと高いため、低糖質ダイエットをしている方には残念ながらおすすめできません。コーングリッツが入っているため食物繊維が多い印象です。

真ん中にスリットが入っていてそこから半分にスライスすることができます。どうしても食べたい方は半分にスライスすれば糖質量7.8gに抑えられるので、それなら良さそうですね。一個食べてしまうとちょっと危険です・・・。

低糖質イングリッシュマフィンブランの味と食感

サワー種が入っているので酸味が少しあります。歯ごたえもかなりありました。そのまま食べるよりも何かを乗せるほうが向いていそうです。半分にスライスしてトースターでこんがり焼くと美味しかったです。

低糖質ダイエット中におすすめなのは

やはりおすすめなのは、LAWSONのブランパンとヤマザキの糖質ひかえめブレッドです。特にLAWSONのブランパンは本当に優秀だな、と再認識しました。

家にストックがあると安心なので、ひとつずつラップしてからジップロックに入れて冷凍しておくとすぐに使えて便利ですよ!

食べるときは常温で解凍してもOKですし、電子レンジやトースターで温めるとすぐに食べられます。(レンジの場合10秒くらいずつ温めながら様子を見てください。温めすぎるとぺしゃんこになってしまいます。)

冷凍保存しておけば一ヶ月程度美味しく食べられます。いちいち買いにいかなくて良いので便利です!

紹介した他の低糖質パンもある程度は糖質が抑えられてはいますが、なるべく早めに結果を出したい人には、残念ながらあまりおすすめできません。

目標体重になって体重を維持したいときや、時間をかけて緩やかなダイエットをする方には向いていますので、今のあなたがどのような目標を持っているのか考えた上で選ぶと良いでしょう。

まとめ

低糖質パンにも色々種類があることがおわかりいただけたでしょうか?

『低糖質』と聞くと糖質制限ダイエット中でも食べていいんだ?!という気持ちになりがちですが、予想以上に糖質が含まれている商品もあるのでダイエット中は気を付けたいところです。

今回紹介したパン以外にも低糖質なパンはたくさん売られていますが、クロワッサンタイプの商品などは脂質もカロリーも高く要注意です。

『低糖質』という名前を見たらすぐに「これなら食べても大丈夫!」と飛びつくのではなく、裏の成分表示で糖質の量を必ずチェックすることをおすすめします。

また、低糖質と謳っているのに糖質量の表記のない商品は買わないほうが良いでしょう。

低糖質パンでしたら、一日に食べる分は糖質10g以下が理想の目安ですね。

今回はプレーンな低糖質パンについての記事でしたが甘いタイプの低糖質パンや低糖質なおかずパンついても記事を書く予定ですので、お楽しみに!

LAWSONのブランパンとヤマザキの糖質ひかえめブレッドを使ったアレンジレシピの記事はこちら→ブランパンアレンジ①ブランパンアレンジ②

5REPSはただトレーニングをして痩せるだけのジムではありません。30代、40代以上の方が若々しい身体を保ちながらダイエットやボディメイクができるジムです。

ダイエット中も食事の工夫次第でストレスを最小限にすることができます。ダイエットのときにできる食事の工夫も色々お伝えしていますので、ダイエットが自然と長く続いてリバウンドもしにくくなりますよ!

アンチエイジングアドバイザー、美肌アドバイザーのもと徹底的に老化対策をするボディメイクをしてみませんか?アンチエイジングダイエットなら5REPSにお任せください!
5REPSは痩せにくくなった30代・40代以上のためのパーソナルトレーニングジムです。年齢とともに痩せにくくなり自分ひとりではダイエットが不安だ、という方は是非一度無料カウンセリングにお越しください。

無料カウンセリング
無料体験はこちらから

こちらも併せてチェック→40代以上専門ジムに多くの30代女性が入会する理由

40代以上の方こそパーソナルトレーニングに通うべき理由

40代は痩せにくい?5REPSが40代以上向けのパーソナルトレーニングジムである理由

40代以上専門パーソナルトレーニングジム5REPSからのお知らせ

5REPSは横浜の40代以上専門のパーソナルトレーニングジムです。(会員様の約半分は30代の女性です、30代の方もお気軽にお問い合わせください。)

5REPSはただトレーニングをして食事制限するだけのジムではありません。

痩せにくさなど、加齢によって衰えてしまう様々な変化に対してしっかりと対策していきます!5REPSは若々しい身体を保ちながらダイエットやボディメイクができるジムです。

アンチエイジングアドバイザー、美肌アドバイザーのもと徹底的に老化対策をするボディメイクをしてみませんか?アンチエイジングダイエットなら5REPSにお任せください!

身体のたるみ、疲れ、ダイエット、腰痛、年齢からくるお悩みなど、無料カウンセリング、無料体験でお気軽にご相談ください。一生使えるアンチエイジングとダイエットの知識も身に付きます。(強引な勧誘などは一切ありません)

こちらの公式HPからのお問い合わせが一番オトクです!

無料カウンセリング
無料体験はこちらから

年齢を重ねて痩せにくくなった方のダイエット専門、だから 違いが出る。

年齢によるお身体のお悩み、ダイエット、5REPSが一緒に立ち向かいます!!!

おすすめ記事:5REPSだけが圧倒的な支持を集める4つの理由

  • 5REPSの特徴
  • BEFORE/AFTER
  • お客様からの声
  • コース料金